キッチンパネルのお掃除方法!台所で使える100均で買えるモノは?




 

毎日使うキッチンですが、どうしてもコンロの近くやIHクッキングヒーターのまわりは汚れが飛んでしまいますよね~。

壁面のキッチンパネルは、大丈夫ですか?

タオルで拭いても、スポンジでこすっても、固まった汚れなどはなかなか汚れが落とせない場合があると思うんです。

今回は元掃除屋の筆者が、キッチンパネルのお掃除方法と、100均で買えるもので台所のお掃除に役立つものについて綴って行きます。

 

 

スポンサーリンク




キッチンパネルの掃除方法のコツ!

キッチンの壁面やパネルのお掃除方法って、簡単そうでなかなか難しいですよね。

キレイにしたつもりでも乾いてから見てみると、固形物がついたままだったり・・・

でも、ちょっとしたコツで、ツブツブや固形物が取れて仕上がり度がアップしますよ~(*’ω’*)

 

キッチンのパネルです。

 

 

 

コンロの近くには、汚れが飛び散っていました。

 

 

 

普通は洗剤を拭きつけて・・・

 

 

 

タオルで拭くか、研磨剤が入っていないスポンジでこすってから水拭きで仕上げることが多いと思います。

でもこのやり方だと、完全に汚れが落ちないんですよね。。。

固くなっていた固形物なんかは、スポンジでこすったくらいじゃ落ちてくれません。。。

 

 

 


僕のおすすめは、洗剤を吹きかけて汚れと反応している間に、プラスチックのヘラを使って、固形物をそぎ落としてしまうことです。

もしも下のステンレスについた洗剤分が落ちてしまったら、なるべく早めに拭きとってください。

洗剤で、ステンレスが焼けて変色する場合もあります。。。(;´・ω・)

 

 

 

 

プラスチックのヘラなんか無いよ・・・と言う場合は、意外とこちらで代用できる場合もありますね。

見覚えありませんか??

毎朝、見ている方も多いのでは!?

あとは、いらなくなったプラスチック製のポイントカードやメンバーズカードなどでも代用できますよ~(*’▽’)

 

 

 

この「パン」の袋についている子ですが、意外とお掃除で重宝します笑

固さも人間のツメくらいですし、金属と違って傷もつきにくいです。

ガスコンロの細かい部分とかのお掃除にも使えるんですよ~♪

 

スポンサーリンク

ある程度の汚れをヘラでそぎ落としてから、もう一度スポンジでこすってください。

メラミンスポンジは汚れを落としてくれるのですが、細かい傷をつけるので注意が必要です。

ツヤがなくなったようになる場合も。。。

 

 

最後に濡れたタオルで水拭きです。

さらに乾いたタオルで仕上げ拭きすると、拭いた跡が消えて、プロの仕上がりになります♫

 

ちなみに、キッチンパネルとステンレスの流しの間にあるコーキングですが、カビの黒ずみや黄ばみって取れなくないですか?

 

見た目が気になる場合は、コーキング自体を打ち換えてしまうのが一番ですよ!!

 

女性でもできますので、参考にしてみてください(*’ω’*)

⇒キッチンのコーキングのやり方!打ち直したらカビは?掃除方法は?

 

 

台所のお掃除に使える100均で買えるすぐれモノは?

掃除屋だった僕が、ぜひぜひおすすめしたいのは、こちらの「ツインブラシ」です!

上下の毛の部分の固さが違いまして、ホームセンターなどでは500円くらいで売られています。

僕が使っている100均のツインブラシと比較してみたのですが、耐久性も変わらず使い勝手がすご~く良いのです。

パネルの角や、カランまわりの細かい部分なんかに使えます。

場所で使いわけるなら、水切りのザルとか排水口とかに使えます♪

 

キッチン以外だと、エアコンのフィルタ―や浴室の床の隅とかにも使えます。

 

重宝するんですよ~(*’ω’*)

買ってみて損はないと思います!!

 

スポンサーリンク

まとめ

キッチンのパネルのお掃除方法を紹介してみました。

たとえ台所の壁面がタイルであろうが、このやり方は通用しますよ♫

傷をつけないように、柔らかめのヘラを使って、固まった汚れを削り落とすことがポイントです。

ガス台や流しなどには、洗剤が付着したままにならないように気をつけてくださいね~。

洗剤の成分で、ステンレスが七色に変色してしまう場合もありますからね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました