免許証の写真を撮る時に眼鏡はかけてて大丈夫?帽子や髪型は?

 

なぜにクルマの運転免許証の写真って、こうも写りが悪いの?とお困りのあなた。

 

流れ作業だから仕方ないのでしょうか?

 

更に規則だからと、普段かけている眼鏡を、急に外すように指示され、調子が狂ってしまったなんてこともありますよね。

 

そうならば、写真撮影の際に、眼鏡や帽子、かつら、ウィッグ、髪型にどんな決まりがあるのか事前に知っておきたいですね。

 

ここで、一挙にご紹介したいと思います。

 

次こそは、万全の準備で撮影に挑めますよ!

 

 

スポンサーリンク

免許証の写真を撮る時に眼鏡はどうする?

まず最初に、現在の道路交通法施行規則では、必ず眼鏡を取って、免許用の写真を撮らないといけないわけではないのです。

 

ただし、たまにメガネを取るように言われることも。。。

 

ならば「なぜ取るように言われることがあるの?」という疑問が出てきますよね。

 

「普段、眼鏡を掛けて運転しているのに、眼鏡を取った免許証の写真はおかしくない?」って考えるのも当然です。

 

メガネを取るように言われる一番の理由は、眼鏡により人相、主に目元が分からなくなってしまう恐れがあるからなのです。

 

例えば、

 

・眼鏡のレンズに光が反射して、目元が分からなくなる

 

・レンズが色付きの眼鏡で、目元が分かりにくい

 

・サングラスももちろん、ダメです笑

 

・眼鏡の縁で目元が分かりにくくなる、または縁が完全に目元にかかっている

 

といったことが懸念事項なのです。

 

 

これらがクリアーできていれば、本来は外す必要はありません。

 

反射させない対策として、少しアゴを引いて、眼鏡のレンズと光が垂直になるのを避けることで、防止することもできます。

 

だたし、写真を撮る側の都合もあるようです。

 

いまだに、ストロボ撮影を行っているところは、反射を嫌って、眼鏡を全員に取るよう指示することがあるようです。

 

最近は、LED照明を使い、高感度撮影を行うところが増えてきているので、外さなくて良いところも多くなってきています。

 

先にお話ししたような、目元が分かりにくくなる眼鏡をかけている方は、事前に鏡で確認して、ご自分で対策を取るようにして下さいね。

 

免許証の写真で帽子はいい?

従来の道路交通法施行規則では、無帽、正面、上三分身(おおよそ胸から上)となっていました。

 

これにより、ガン治療中などの方は、大変辛い思いをすることもあったようです。

 

「決まりだから・・・」、この言葉だけで済ましてはいけないこともありますよね。

 

そんな方々の声を受けて、2018年6月15日に当時の国家公安委員長より、変更の通達がありました。

 

顔の輪郭が分かり、頭部を覆っている医療用の帽子は着けたままで、写真撮影して良いということになったんです。

 

全国統一で対応するようにと、人々の声が規則を変えたのですね。

 

もちろん、どんな帽子でもオッケーな訳ではありませんよ!

 

おしゃれ用の装身具として見られる帽子は、今でも取る必要があります。

 

カツラについても同じような配慮があります。

 

皮膚障害の方や治療中の方は、常識的なカツラならば、着けたままで問題ありません。

 

薄毛の方用のカツラも同じです。

 

ここは、隠密にしておきたいところですものね。

 

もしも、分かったとしてもそっとしておいてくれます。

 

でも、おしゃれ用のウィッグは装身具扱いになってNGです。

 

派手な金髪のものとか、宴会用のハゲ面なんてもちろん、ダメですよ!

 

おふざけはいけません(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク

免許証の写真で髪型の注意点は?

髪型についても、やはり気を付けることは、人相が分かり、輪郭がしっかり見えることが大切です。

 

具体的には、以下のようなことに気を使いましょう!

 

・幅広なヘアーバンドで頭部の大部分が隠れている

 

・長い前髪で目元が完全に隠れている

 

・横髪で顔の輪郭の一部が明らかに隠れている

 

といった感じです。

 

いずれも、顔の一部を隠してしまうことに問題があります。

 

注意して下さいね。

 

ここまでは、一般的な話でした。

 

女子のみなさんは「キレイに写真を撮影してもらうこと!」、これも非常に大切なお話しですよね。

 

その場合は意外にも、髪をしっかりまとめることが重要なのです。

 

具体的には、NG行為ギリギリで横髪で輪郭を隠すようにするよりも、横髪を後ろで結わいたり、留めたりすることが大切です。

 

顔にライトがきちんと当たることにより、明るく、キレイに写ります!

 

是非、実践してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今まで禁止だと思っていた眼鏡、帽子、カツラも、時代とともに機材が変わり、規則が変わったことで、オッケーなものも増えてきました。

 

最初から諦めずに、チャレンジしてみて下さい!

 

そして髪型も、写真を撮られることを意識することで、ずいぶん変わります。

 

今までの意識を換えて、免許証の写真に挑んでみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました