暖房と換気扇は併用する?効果は?効かない状態で暖かくない?

冬になると、毎日エアコンをフル稼働している家庭も多いのではないでしょうか。

安全・安心・手軽で省エネ!

無くてはならない冬の強い味方エアコンですが、「換気扇と同時に使うと、暖房効果が低くなるからダメだ」という話を聞きます。

「せっかくの暖かい空気が逃げてしまう。」という人や、「エアコンが換気しているから換気扇はいらないよ。」という人も。

今回は、エアコンの暖房と換気扇を併用するのはアリなのか、併用した場合の効果、併用したことでの暖房の効きについて、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

PICK UP
▼その他エアコンの暖房の使い方疑問ついて▼
エアコンの暖房の疑問やトラブルを解消!冬の寒さを乗り切る方法

暖房をつけながら換気扇を併用してまわすのはアリ?

エアコンの暖房は、換気扇を回しながら運転させるのがおすすめです。

換気扇をまわした方が部屋の中の空気が動き、暖房の効率があがりますよ!

 

あなたはエアコンの暖房をつけている時に、換気扇をまわして併用していますか?

それとも換気扇は止めていますか?

 

「なんだか、せっかく暖まった部屋の空気が換気扇から出ていきそう…。」

「でも、換気扇を止めると空気がこもりそうだし…。」

「そもそも、エアコンに換気の効果はあるんでしょ??」

いろいろな意見がありますね。

 

エアコンの暖房の仕組みを簡単に説明すると、室内機と室外機に熱交換器(アルミフィンの部分)があり、この部分を通過する空気を暖めたり冷やしたりすることで部屋の室温をあたたかくしています。

何気なく使っているエアコンですが、実は室内と野外の空気が循環することはなく、部屋の空気を換気する機能はついていないものがほとんどです。

室内の空気を暖めファンの力で室内に戻しているので、室内と野外の空気を入れ替えてはいないのです。

つまり室内では同じ空気が、ぐるぐると循環しているってことです。

 

エアコンは他の暖房器具のストーブやファンヒーター等とは違い、火を使わないので空気が汚れず、換気は必要ないように思われがちですが、実は大きな勘違いなんです。

エアコン自体が空気を汚さなくても、室内に人間がいることで、呼吸からでる水や二酸化炭素なども含めて空気は汚れます。

他にもエアコンの暖房機能を続けることで湿度が下がり、乾燥から喉を傷める原因になったり、インフルエンザや風邪の菌が漂っていたりと様々な要因で換気は必要になります。

そんなときは、やっぱり換気扇の出番ですよね。

エアコンの暖房をつけた時には換気扇をまわして併用し、空気の入れ替えをする方が良いですよ。

 

▼関連記事▼

エアコンには換気機能がない機種がほとんど。暖房運転で換気は必要?

暖房と換気扇を併用する効果とは?

エアコンの暖房と換気扇を併用する一番の効果は、換気です。

意外と軽く考えてしまいがちな換気ですが、快適な環境のためにはとっても大切なんです。

もしかすると、冬の室内での体の不調は換気ができていないせいかもしれませんよ。

 

エアコンは室内の空気を吸収して暖め、排出しているので部屋の空気が入れ替わることはありません。

そのため、人の呼吸から出る二酸化炭素など汚れた空気が充満することになります。

さらには、ほこりや塵、ダニ・花粉などアレルギーの原因となるハウスダストの増加にもつながります。

毎年流行するインフルエンザなどの病原菌も乾燥した空気が大好物!

エアコンの暖房だけでは、きれいな空気が部屋に入ってこないのでどんどん悪循環になります…。

とても怖いですね。

 

もちろん、室内にこもった臭いを外へ出すためにも、暖房と換気扇の併用が効果的です。

さらには、空気の流れを循環させたり、部屋の中と外の温度差が小さくなることによって、冬場に気になる結露が発生しにくくなるという効果も期待できます。

エアコンの暖房と同時に換気扇をまわすだけで、こんなにも多くの効果があるのです!

 

スポンサーリンク

換気扇をまわしながら暖房をつけても効かない?

換気扇と暖房の併用が換気に効果的だとしても、冬場に暖房が効かないのは困りますよね。

実際にエアコンの暖房と換気扇を同時に使うと、せっかくの暖かい空気が逃げてしまうように感じる方も多いようです。

換気扇と暖房の併用は、暖房が効かなくなってしまうのかというと、実際はさほど影響はないようです。

 

ただ、エアコンと換気扇の設置場所があまりにも近い場合は、温かい空気が外に逃げてしまうことが考えられるので、料理をしていない時には換気扇の設定を弱くするなどの調整をしてみてください。

暖房で暖まった部屋の空気が、換気扇によって排出されるのを最小限にとどめることができます。

 

また掃除機をかける時などに、1日数回5分だけでも窓を開けてしっかりと換気することで、部屋のほこりや結露の発生を防ぐのに効果的です。

ほこりはエアコン内のフィルターに溜まると暖房効果も下がってしまうため、エアコンの機能を発揮するためにも換気をすることは重要です。

健康に過ごすための室内環境には、エアコンの暖房と換気扇を上手に使って、効率よく換気をしておくのがいいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

冬場の締め切った部屋でのエアコンは、汚れた空気が循環してしまいほこりやハウスダストが蔓延することに…。

それでは健康に良いはずがありません。

日ごろから換気のためにエアコンの暖房と換気扇を併用することで、きれいな空気を取り込み、より快適に過ごせるように心がけたいですね。

ついつい暖かさだけを求めてしまいがちな冬の暮らしですが、換気という習慣をプラスして、健康的に冬を乗り切りましょう。

▼こちらの記事もどうぞ▼

エアコンには換気機能がない機種がほとんど。暖房運転で換気は必要?

 

タイトルとURLをコピーしました