年賀状の断り方って友達の場合どうする?会社では?文例は?

「友達や会社の人へ年賀状を送るのを辞めたいな…」と思ったことはありませんか?

「毎年相手から年賀状を送ってくれるのでこちらからも送らないと…」という義務感で何となく毎年年賀状を送り続けてしまい、辞めるタイミングが分からなくて困っている人も多いと思います。

案外、お互いにそう思っているかもしれませんよね。

今回は友達との年賀状の断り方、会社の人間との年賀状の断り方、年賀状を断る文例など、思い切って年賀状を辞めてしまう方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

年賀状のやり取りの断り方って友達の場合どうしたらいい?

 

友達への年賀状もそろそろ辞めたいなと思っていてもどんな断り方が当たり障りなく穏便に済むのか悩むところです。

いっその事、送るのを黙って辞めてしまおうと思っても一方的にパタリと辞めてしまうのも少し気が引けます。

 

よく合う友達なら12月に入った頃に「年賀状みんなに送るのそろそろ辞めようかなと思ってるんだけどどうかな?」なんて直接言ってしまう断り方もありですよね。

ここで大切なのは「友達全員に送らない」ということをきちんと伝える事です。

「私にだけ送ってくれないのかな…」と友達を不安な気持ちにさせてしまったり大切な友達に嫌な思いをさせてしまわないようにすることが大切ですよね。

「友達全員に送るのを辞める」ということはしっかりと伝えるべきだと思います。

 

今はメールやLINEという連絡手段もあるので、メッセージでの年賀の挨拶にしようかという提案をしてみてもいいでしょう。

年賀状作成アプリや写真の加工編集も気軽に出来るので、お気に入りの写真に年賀の言葉を入れてポチッと送信するだけの新年の挨拶の方が、お互いに気が楽なのかもしれません。

 

あまり連絡を取っていないような友達なら、こちらから送らないようにして自然消滅してしまうのも問題ない気がします。

お互い辞めるタイミングが分からなくて何となくダラダラと続いているだけならスパッと辞めてしまうのも悪くないかと思います。

 

仲のいい友達と、年賀状のやり取りだけの友達など年賀状の断り方は様々です。

これからも仲良くしていきたい大切な友達とはスムーズに年賀状を断って、いい関係を続けていきたいですね。

 

年賀状の断り方って会社の人間の場合どうする?

会社の人への年賀状だと、断り方も友達と違って少し悩みますよね。

私の勤めていた会社では「年賀状をご遠慮の人はチェックマークを付けて下さい」という回覧が回ってきたので、そこに正直にチェックマークを付けてお断りしました。

その時に上司も同僚も後輩もほとんどがお断りのチェックマークを付けていたので、みんな心の中では年賀状を辞めたいと思っていたのかなと安心した覚えがあります。

 

会社によっては「虚礼禁止」といって心のこもっていない意味のない儀礼を辞めるという風潮が広まっているところもあります。

年賀状にもそれが当てはまるので会社自体が年賀状を禁止しているところもあるそうです。

 

形式だけの挨拶なら、上司も求めていない場合も多いのではないでしょうか。

ですがやはり上司には年賀状を送らないといけないのかなと思っちゃいますよね。

黙って送らないのは気が引けます。

礼儀的にも問題があるので、断り方として上司に直接会った時に「大変申し訳ありませんが、来年からは都合により年賀状をどなた様にも出さないようにしました」と伝えるといいですよ。

明確な理由まで言わなくても、失礼なく年賀状をやめられると思います。

 

また、直接会えないような会社の人への年賀状の断り方は、年賀状の準備が始まる前の、喪中ハガキを送るタイミングと同じぐらいの時期に伝えるといいです。

文面は

「勝手ではございますが、本年をもちまして年賀状をご遠慮させていただこうと思っております。今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します」

といった具合に前もって連絡しておくといいと思います。

 

スポンサーリンク

年賀状の断り方で寒中美見舞いを出す時の文例とは?

年賀状の断り方で、寒中見舞いを利用して来年からの年賀状をお断りするという方法もあります。

寒中見舞いとは、寒の入りという1月5日ごろから立春の前日2月3日ごろまでに出すものです。

相手の安否や、こちらの近況などを知らせるために送るハガキですが、そこに一文書き足すと来年からの年賀状をスムーズにお断りすることができますよ。

 

年賀状と断り方の文例としては、

寒中見舞い申し上げます。

素敵な年賀状をいただきありがとうございました。

皆様お元気そうでなによりです。

新年のご挨拶が遅くなり、申し訳ありません。

ここ最近年末に仕事が立て込んでしまうため年賀状の準備が難しい状況です。

誠に勝手ではございますが、本年をもちましてどなた様にも年賀状による年始の挨拶を控えさせていただきますので、本状にて年始のご挨拶とさせてください。

今度とも変わらぬお付き合いをいただけると幸いです。

皆様のご健勝、ご多幸を心よりお祈り申し上げます。

といった具合に年賀状へのお礼と、年賀状を辞めたことをしっかりと伝えることが大切です。

 

スポンサーリンク

まとめ

一人一人住所を書いて、メッセージを添えて、郵便ポストに投函して…

めんどくさいと言ってしまえばそれまでですが年賀状はできることなら辞めてしまいたいと思っている人も多いと思います。

友達や会社の人に不快感を与えず年賀状をスムーズに辞めて年賀状の負担が軽減できるといいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました