死亡後に公共料金の名義変更?口座凍結に注意して手続きしておきたい事

スポンサーリンク



 

 

今年初めに、入院中の父の容態が悪化しましてね…

 

もしも…の時のことを考えて、公共料金などの名義変更を一気に行いました。。。

 

身内が亡くなった後のことと共通する部分もあると思います。

 

どんな名義を変更したのか、綴って行きます。

 

 

スポンサーリンク




死亡後に公共料金など名義変更が必要な物一覧

亡くなった人名義で契約していた公共料金は、銀行口座が凍結するとお金を引き下ろせなくなってしまいますね。

 

僕は、父の容態が悪化して”死”を覚悟したので、手続きできる名義を、父から母にすぐ変更しました。

 

どうしても、いわゆる”ライフライン”と言われる電気、ガス、水道は死活問題ですしね。

 

とは言っても、契約した会社に寄り切りですが、余程の滞納が無い限り、簡単には止められないとは思うんですけどね…

 

 

・電気

 

・ガス

 

・水道

 

・NHK

 

・携帯電話

 

・固定電話

 

・インターネット関係

 

・クレジットカード

 

・運転免許証

 

・パスポート

 

・新聞

 

口座から引き落としができなくなって、迷惑がかかりそうな上記の名義を変えましたよ!

 

あと、お金をおろすこともできなくなりますので、お葬式に必要な代金などは、凍結する前におろしておきたいですね。。。

 

スポンサーリンク

 

口座が凍結する前にしておきたい、名義を変える手続き

電気、ガス、水道

僕は、使用料金の通知書に書かれている連絡先や、インターネットの検索を使って電話番号を調べ、電話で名義変更を伝えましたね。

 

名義変更の用紙が郵送されてきましたよ~。

 

インターネットで、変更用紙を取り寄せることができる場合もあります。

 

もし利用しなくなる場合は、利用廃止の手続きが必要になりますね。

 

 

NHK

電話で名義変更の意思をつたえ、契約者の名義変更の書類を郵送してもらいました。

 

障害者手帳を持っている場合は、保健所で手続きをすると、NHKの受信料金が割引される場合がありますよ~!!

 

 

携帯電話

亡くなった場合は、SIMカード、死亡診断書など亡くなった確認が取れる書類、委任者のハンコ、運転免許証など顔写真がついた本人確認ができるものをもって、ショップに届け出が必要になります。

 

解約するまで料金がかかります。

 

解約するなら、早めに手続きをしましょう!

 

亡くなる前に、退院できない状態で解約や名義を変更する場合は、譲渡者は入院証明書、本人確認の顔写真がついた運転免許証や障がい者手帳、ハンコが必要になりますね。

 

譲受者は、本人確認の写真がついた書類、預金通帳やクレジットカード、銀行印などが必要になります。

 

 

固定電話

 

アナログ回線の場合は、”電話加入権”を相続する手続きが必要となります。

 

ちなみな、電話加入権は、相続税の対象となりますよ~。

 

戸籍謄本など死亡の証明となる書類、承継・改称届出書などの書類が必要になります。

 

 

インターネット関係

継承と解約には、プロバイダーのカスタマーセンターに連絡を取ってみてください。

会社によって違いますよ~。

 

 

クレジットカード

家族が連絡して解約し、カードを処分することが必要です。

 

解約せずにそのままにしておくと、年会費がかかっている場合もありますし、すみやかに問い合わせしてみましょう!

 

解約方法は会社によって違いますし、電話やインターネットを使って確認してみてください。

 

 

運転免許証

 

ウチの父は脳梗塞の後遺症でずっと入院し、そのまま失効してしまいましたね。。。

 

亡くなった場合も、更新手続きをしなければ失効します。

 

警察署や運転免許センターで返納手続きができますよ~。

 

 

パスポート

手続きをしなければ、失効しますね。

 

死亡診断書や戸籍謄本など、亡くなった確認が取れる書類と一緒に、都道府県のパスポートセンターに届け出する方法もあります。

 

 

新聞

電話で名義変更の旨を伝えると、名義変更の書類が郵送されてきました!

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

名義変更の書類を送ってもらおうと、あちこちに電話しましたね。

 

だいたい言われたことは、口座から引き落としできなかった場合は、請求書を郵送するそうです

ただ、やっぱり迷惑はかけたくないじゃないですか。。。

 

引き落としできなくなる前に、、、少し対策を考えておきたいですね。。。

コメント