親へのお年賀の相場は?お菓子のおすすめと現金を渡すことは?

スポンサーリンク

 

新しい年を迎え、お年賀の挨拶をしにいくわけですが、親と言えども礼儀が必要です。

 

身内だから悩むこと、ありますよね~。

 

お年賀のことを、あれこれ綴っていきます。

 

スポンサーリンク




親へ渡すお年賀の相場は?

相場は大体3000円前後になりますね~。

 

日頃ご両親に子供の面倒をみてもらっていたり、お世話になっている場合は、5000円前後を考えてもいいのではないでしょうか。

 

 

お年賀へ持っていくお菓子のおすすめは?

新年を迎えて、生菓子とかおいしいですよね~。

 

お年賀のお菓子は、生菓子系もいいですが、日持ちがするお菓子がよろこばれますよ!

 

あられ、おせんべい、ようかん、最中、焼き菓子、クッキー、チョコレート、マロングラッセとかどうでしょ?

 

お正月の短い間に、日持ちしないお菓子をたくさんいただいても、食べるのが大変な場合もありますしね㊙

 

スポンサーリンク

 

お年賀で親に現金を渡す?

お年賀に行って何日か宿泊するような場合は、それなりの”心付け”を渡す気遣いは必要です。。

 

何かと負担をかけたり、気苦労と出費は大変でしょうしね。

 

“心付け”を渡す方が、双方気持ち的に負担にならないのではないでしょうか。

 

“心付け”をお年玉という形で親に現金を渡すのは…地域性にもよりますが、失礼にあたる場合があります。。

 

お年玉は子供や使用人に、「親から子へ」「目上の者から目下の者」へ渡すものですしね。

 

「お世話になりますので」と、白封筒に入れてお渡しするのが礼儀だと思いますよ~。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

マナー的なものなど、知っておくと良いこともありますね。

 

親と言えども、お互いに気持ち的に負担にならないような心遣いが大事ですね~。

 

 

タイトルとURLをコピーしました