黒豆が固い原因は何?煮直しできる?柔らかくなるコツとは?

スポンサーリンク

 

おせち料理でつくる黒豆は、作るのが難しいですよね。。。

 

今回は、黒豆を煮てみて固くなってしまった場合の、原因と対処方法について綴って行きます。

 

スポンサーリンク




黒豆を煮て固い原因は何?

黒豆を煮て固くなる原因は、砂糖の浸透圧が関係する場合や黒豆を煮る時間が足りないことと、黒自体の品質に問題がある場合が多いです。

 

豆がしっかりと柔らかくなってから砂糖を入れましょう。

 

浸透圧の関係上、砂糖は何回かに分けて入れるほうが良いです。

 

砂糖を入れていきなり濃度を濃くすると固くなります。

 

ですので、少しずつ濃度を上げていくき、徐々に濃度を上げていくのがポイントになります。

 

煮ている間は、豆を空気に触れさせないように落としブタをしましょう。

 

そして、豆がグツグツ踊らないように弱火で煮るのが良いでしょう!。

 

 

黒豆を煮て固い場合は煮直したら柔らかくなる?

煮直してみて、柔らかくなる場合もあります♪

 

黒豆を煮て固い場合、もし圧力鍋があるのであれば圧力鍋で煮てみるのがいいですね。

 

できればもう一度お水を入れてゆっくりゆっくり煮てみて下さい。

 

火を止めてそのまま鍋で一晩寝かしたら、かなり柔らかくなる場合がありますよ。

 

もし圧力鍋がない場合は、煮汁がたっぷりある場合はそのままで、煮汁が少ない場合は熱湯を足してからあと2時間くらい煮てみましょう。

 

黒豆が固くなる原因は、砂糖の浸透圧が原因の場合や豆を煮る時間が足りないこと、豆自体の品質に問題がある場合が多いようです。

 

黒豆の品質については、どうしようもありませんので、煮る時間を増やすのがいいのかなぁと。。。。

 

別の改善方法として黒豆と煮汁とに分けて、黒豆だけ水を足して煮直して後で煮汁を合わせる方法もありますよ~。

 

この場合は、黒豆を洗って吹きこぼれの原因となる糖分を落としてから圧力鍋や鍋でで煮なおしてください。

 

スポンサーリンク

 

黒豆を煮るコツとは?

1.最初に豆の選別をしましょう。皮が破れている豆は茹であがりにムラができたり煮汁が汚なくなります。。

 

2.その後、豆の倍の量の水に浸し一晩おきます。

 

3.煮る際に鉄クギをガーゼ等で包んで一緒に煮ると、キレイな真っ黒で艶々した色に仕上がります。

 

4.沸騰したら水を加えて下さい。黒豆は中身が固いので煮ると皮がふくらんでシワになります。この水をを入れる事で、皮がしぼみシワを防ぎます。

 

5.落しブタや紙ブタを使って弱火でじっくり煮続けます。手で豆を潰してみて、皮と身が同じくらいに潰れるくらいの固さを目安にしてください。

 

6.冷やす時は一度に冷やさず、自然冷却させるか、火を止め煮汁がぬるま湯くらいになるのを待って、少しずつ水を足して徐々に冷まして下さい。急に冷やしたり、温かいうちに空気に触れると、シワの原因となります。

 

7.味付はいきなり濃い味にしてしまうと、浸透圧の問題で固さやシワの原因になります。甘さを徐々に増やしていき、最終的に自分の好みの甘さになる様に持って行ってください。

 

8.醤油を入れて味を整えたら出来上がりです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

僕が子供の頃、祖母は火鉢型ストーブを使って黒豆を煮ていました。

 

今思えば、弱い火力が黒豆を柔らかくするのに最適だったんですね♪

 

黒豆の煮方は、何種類かあります。

 

やりやすい煮方で、おいしい黒豆を作ってみてくださいね~。

 

 

タイトルとURLをコピーしました