キッチンの床のお掃除方法!油はねには?汚れ防止のコツとは?




 

キッチンの床って毎日汚れますよね?

 

一日一回はキッチンに立つし、汚れてないと思っていても色々な物がはねたりして。

 

特に油はね。

 

どう掃除したらいいのか…汚れを防止することはできるのか…

 

たくさんあるお悩み、少しでも解決していきましょう。

 

今回は、キッチンの床のお掃除方法、キッチンの床は油はねがヒドイ、キッチンの床の汚れを防止する方法について綴って行きます。

 

スポンサーリンク

 キッチンの床のお掃除方法とは?

基本は、ぞうきんがけ。からぶき。です。

 

ま、今はぞうきんがけなどする方は少ないと思いますが…。

 

シンプルに言えば、このぞうきんがけが、キッチンの床のお掃除には一番です。

 

他の方法を言えば、油に反応しやすくて、ナチュラルな存在の重曹を薄めて、水溶液を作り掃除する。

 

でも、水を使うより、お湯を使った方が汚れは落ちやすいです

 

重曹を買うのもな…と思っているなら、食器用洗剤でも掃除できますよ。

 

できることなら毎日掃除がいいですが…

 

放置しすぎると汚れがとりにくかったりするので。

 

毎日できないなら目立つ汚れだけでも掃除してください。

 

後々、掃除が楽になります。

 

私はシンプルにぞうきんがけ、からぶきです。

 

ただし、油汚れが多いからと言って、油用の洗剤を使うのには注意が必要です。

 

もし、床にワックスが塗られていたら・・・

 

アルカリ性の油を落とす洗剤だと、ワックスを溶かしたり、ワックスの皮膜を剥がしたりしてしまいます。。。

 

油汚れに効果的な油用洗剤は、アルカリ性。

 

床に塗るワックスって、アルカリ性のモノが苦手なのです。。。

 

ワックスを塗って乾燥する時って、成分の金属と樹脂がくっついて膜を作って固まるんです。

 

アルカリ性のモノって、この金属と樹脂の結びつきを壊しちゃうんですよね。。。

 

なので、ワックスが溶けてツヤが消えたり、剥がれたりしちゃうんですよ。

 

キッチンの床を歩いて、なんかベトベトする、ネトネトする。

 

足の裏に、なんかくっつくような感覚があれば、油汚れが原因の場合は多いですよ。

 

床の油汚れを落とすには、中性の食器用洗剤を数滴入れた水溶液につけて固く絞り、拭き取ってくださいね♪

 

洗剤拭き→水拭き→乾拭き がベストです♪

 

汚れを簡単に落とす、白いメラミンスポンジですが、床では使っちゃダメです。

 

細かい粒子で汚れを削って落とすので、床自体に細かい傷がつきます。

 

結果として、メラミンスポンジでこすった部分は、変にキレイになったり、ツヤが無くなったりして、目立つようになります。

 

 

キッチンの床は油はねがヒドイ!?

油はねはヒドイ!ひどすぎます!

 

まず、予測不可能なんです。

 

どこにはねるか分かりません。

 

どれだけ気を付けていても必ず壁、床にはねている。

 

食材で水分が多い物、すごくはねて飛びます。

 

特に冷凍のポテト…。

 

少し避難するくらいの油はね。

 

お手上げです。

 

大きい塊ではねることはあまりありませんが、よく見ると小さいプツプツした油がはねています。

 

床は特に気を付けていないと、踏んだりして床にはねているのに気付かなかったり。。。

 

スリッパを履いているなら、スリッパの裏について、歩くことであちこちに油を広めてしまうことになります。

 

これが、家の中に油汚れを広めてしまって黒ずみの原因になるのです。

 

広がった油汚れは、この上にホコリや汚れを巻き込みます。

 

家の床全体が、汚れてくるんですよ。

 

キッチンで履いているスリッパはキッチンの中だけで。

 

キッチン以外の場所で履くスリッパとは、使い分けしましょう。

 

 

もしぞうきんで拭いて乾燥した後に、飛んだ油汚れが取りきれていないのがわかったら、油が固まっているのかもしれませんね。

 

タオルで拭くだけではなくて、ヘラなどでこそいでみるのもいいかもですよ♪

 

私が使っているのはこちら!!

 

 

 

見覚えありませんか??笑

 

パンの袋についているヤツ笑

 

コレ、人間のツメみたいな固さで、汚れを削り落としてくれるんですよ♪

 

他にも、使わなくなったプラスチックのポイントカードなども、固まった油汚れをはがしてくれます。

 

固まった油を削ってからぞうきん拭きをすることで、お掃除の仕上がりも変わってきますよ(*’▽’)

 

 

スポンサーリンク

キッチンの床の汚れを防止するには?

汚れの防止は完全には無理でしょう…。

 

どこにはねるか分からない、予測不可能なんですから…。

 

だけど!

 

しいて言うならキッチンマットを敷く。

 

キッチンマットを敷いても汚れることには変わりないですが、床に直接ということが少なくなるので、まだいいでしょう。

 

キッチンマットの代わりに新聞紙を敷くのもいいです。

 

油はねがどのくらいなのか見やすいし、新聞紙ならそのまま捨てれますからね。

 

キッチンマットも新聞紙もな…と思うなら・・・

 

もうこまめに掃除しかないです!(笑)

 

汚れの層が厚くならないようにお掃除することが、キッチンの床のキレイさを保つコツだと思いますよ!

 

もしお肉を調理することが多いという場合は、こちらも参考にしてみてください

⇒焼肉をした後の床の掃除方法とは?部屋がベタベタ?臭いの消し方は?

 

スポンサーリンク

まとめ

キッチンの床…永遠の悩みだと思います。

 

何をしても、何をやっても汚れるときは汚れます。

 

はねるときは、はねます。

 

少しぐらい諦めてもいいと思います。

 

何年、何十年と付き合っていくのだから。

 

たまには忘れましょう。

 

楽したっていいじゃない。

 

息抜きも大事ですよ~。

 

 

タイトルとURLをコピーしました