洗濯物を早く乾かす暖房の使い方。温度は?ドライや除湿の方が良い?

 

本当は洗濯物を外干しできれば一番なんだけど、それができない時ってありますよね。

 

特に冬の時期は雨や雪が降ったり、外気温が低過ぎて洗濯物が乾かないことも多いです。

 

そんな時に、効率的に室内干しする方法をご紹介します!

 

今回は、エアコンの暖房で洗濯物を早く乾燥させる方法、暖房の温度、暖房より除湿やドライの方がいいのかについて説明していきます。

 

スポンサーリンク

洗濯物を早く乾かす暖房の使い方とは?

そもそも洗濯物を早く乾かす条件って何だと思いますか?

 

太陽光に当てること

 

気温が高くかつ、湿度が低いこと

 

風通しが良いこと

 

この3つの条件が大切なのです。

 

では、暖房を使って早く乾かすためには、この条件に近付ける必要がありますよね。

 

もともと暖房は、温度を上げると、必然的に湿度が下がるようになっています。

 

ですから、②の気温が高く湿度が低いという条件に当てはまり、洗濯物を早く乾かすのには向いているのです。

 

ただし、暖房をかけた部屋で洗濯物を干していれば乾きますが、その洗濯物から出た水分は行き場を失ってしまいます。

 

実は、これは問題なのです。

 

暖房により乾燥した部屋に潤いを与えてくれるということでは役に立ちますが、一方で、この水分は結露やカビの原因となってしまうのです。

 

部屋を劣化させるだけではなく、そこで生活をしている人の健康にも影響を及ぼしてしまいます。

 

そこで、部屋干しをしている間だけだけでも、除湿器の使用をお勧めします。

 

特に部屋の構造上、窓際でしか洗濯物を干せない場合は、注意が必要です!

 

外が晴天であれば、①の太陽光に当てるという条件に近い状態になりますが、外気温が低過ぎたり、天気が悪い場合は、窓から伝わる冷気で、その周辺が冷されて湿度が上がり、結露が出やすいのです。

 

また、③の風通しが良いという条件も必要です。

 

空気を循環させることで、より早く乾かすことができます。

 

できれば、暖房とともに扇風機やサーキュレーターを回しておくことも重要ですね。

 

洗濯物を乾かす時の暖房の温度はどれくらいにするといい?

先にお話しした通り、洗濯物を早く乾かすには、温度と湿度が重要な鍵を握っています。

 

すばり!ベストな暖房の設定温度は、20℃です。

 

温度と湿度のバランスが一番良くなり、洗濯物がぐんぐん乾いていきますよ!

 

ただし、これは外気温がその設定温度より低い場合です。

 

そう、ここが暖房の弱点なのです。

 

冬場でも、晴天で比較的外気温が高い時ってありますよね。

 

その場合は、暖房が止まってしまいます。よく、プシューと音を立てて止まってしまうあれです。

 

そうすると、部屋の湿度も高くなっていくため、洗濯物を早く乾かす効果がなくなってしまうのです。

 

そんな時は、諦めてさっさと外に出してしまった方が良いですね。

 

スポンサーリンク

洗濯物を乾かすには暖房よりドライ・除湿がいい?

 

確かに除湿にして、湿度さえ抑えられれば洗濯物が乾くのでは?と思いますよね。

 

でも、残念ながらそこには落とし穴があるのです。

 

国産メーカーのエアコンには、再熱式で除湿するものと、弱冷式で行うものとあるのです。

 

前者の「再熱式」の除湿は、除湿器と同じ構造なので、洗濯物を早く乾かす効果があります。

 

ただし、思いっきり湿気を吸い込むので、洗濯物を干し終わったら、5~10分ほど窓を開けて、換気をすることをお勧めします。

 

これでカビ予防になりますよ。

 

一方で後者の「弱冷式」の除湿は、弱い冷房をかけることで、除湿効果を得ています。

 

ですので、再熱式に比べて、その効果は低く、洗濯物も乾きにくいのが現状です。

 

更に日本のエアコンのほとんどは、この弱冷式を採用しているのです。

 

これもまた、多用するとカビが生えやすいので、除湿をした後は、送風にして下さいね。

 

それによりカビを防げます。

 

以上のことを考えると、ドライ・除湿より暖房の方が洗濯物の乾きが早そうですね。

 

ちなみに、冷房の効果も気になりますよね。

 

これもまた、温度を下げることで、湿度も下げてくれるので、洗濯物を乾かす効果はあります。

 

暖房と同じく、外気温により止まることもあり、その場合は湿度が上がってきます。

 

日本のムシムシした夏を思い浮かべていただければ、ガンガン湿度が上がっていくのが想像できると思います。

 

やはり、夏は太陽光に当てて、一気に乾かしてしまうのが一番ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

エアコンを使って、効率的に洗濯物を部屋干しをする方法を考えてみました。

 

やはり、暖房が一番ということになりますね。

 

更に除湿器と扇風機を組み合わせると、より効果的です。

 

梅雨や夏場は、日本のエアコン事情を考えると、除湿よりは冷房の方が良さそうです。

 

こちらも除湿器や扇風機を併用しつつ、嫌な時期を乗り切って下さいね。

 

くれぐれも生活する人の健康を考えて、カビや結露対策はお忘れなく。

▼参考記事▼

暖房で洗濯物を乾かす時に加湿は必要?温度と時間はどうする?

 

タイトルとURLをコピーしました