宅配ピサは冷凍できる!保存の仕方と解凍方法を紹介

宅配ピザ美味しいですよね。

とろーりチーズにジューシーな具材、窯で焼き上げられた香ばしい香り。

そんな宅配ピザですがどうしてもありがちな悩みが「食べきれない」ということではないでしょうか?

多くの宅配ピザは2人以上のサイズ展開の為、1人で食べると余ってしまう。

でもいろんな味が楽しみたい!

今回はそんな悩みを解決する、宅配ピザの美味しい冷凍保存と解凍方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

宅配ピザは冷凍できる!!

到着した宅配ピザ!

まずは美味しくいただいて…

余ってしまったらどうしたらいいのか、悩んでしまいますよね。

 

でも余った宅配ピザって冷凍できるんですよ!!

冷凍保存しておけば、いつでも美味しいピザが食べられます♪

 

1〜2日で食べるならば冷蔵庫での保存で大丈夫ですが、それ以上の期間の保存を考えるのなら冷凍させて保存しましょう。

宅配ピザを冷凍保存する際の賞味期限は、2週間程度です。

劣化を気にしないのであれば、1~3か月程度は保存できます。

 

ただ「冷凍焼け」といって、水分が少し抜けた「乾燥」や「酸化」によって食感が悪くなり風味が落ちてしまうことが予想できるので、なるべく早めに食べるのがおススメです。

「冷凍焼け」してももちろん食べることはできますが、「風味」や「美味しさ」といった面では、少し落ちてしまいます。

 

少し詳しく書きますと、冷凍したカレーと同じで、「ジャガイモ」や「バジル」、「パイナップル」などは食感が少し悪くなることがありますね。

「エビ」や「イカ」といったシーフードの具材は、「水分が抜けるのか固くなったかな?」と感じることもあります。

使っている香辛料によっては冷凍することで風味が薄くなることもありますし、ブラックペッパーなどを軽く振りかけたりするのもいいかもしれません。

 

でも宅配ピザを頼んだのはいいけれど余ってしまって、保存方法をどうしたらいいのか悩んだ時に、宅配ピザは冷凍できるということを覚えておくと心強いですよね。

意外といいお値段がする宅配ピザですが、キャンペーン中に安くいくつか買って冷凍しておくってこともできますよね~㊙

 

宅配ピザの冷凍保存方法は?

宅配ピザを冷凍保存する場合、まずは食べやすいサイズに切ります。

そしてしっかりと冷まします。

そうすることでチーズや具材がラップにつきにくくなり、冷凍庫内のほかの食品への影響も避けられます。

 

ラップで包む時にピザをしっかりとラップで包むことも重要で、できるだけラップを密着させてぴっちりと空気が入らないように包むとピザが傷みにくくなります。

 

時間があるときは、ここからさらにひと手間加えるとより良いですね。

①やり方として、小分けにした宅配ピザをラップにぴっちりと包んだら、ジップロックなどのフリーザーバッグに1〜2個入れます。

②たっぷりと水を張ったボウルか鍋に、袋の中に水が入らないように気を付けながらギリギリまで水の中に沈めます。

③②の状態だと水圧で袋の余分な空気が抜けるので、空気が抜けたところで袋の入り口を閉じて密閉します。

④袋の外側に付いた余分な水気を拭き取り冷凍庫に保存します。

こうする事で宅配ピザがあまり空気に触れず、冷凍焼けを起こしにくくする事ができます。

 

冷凍ピザを冷凍保存するコツは、出来るだけ空気に触れさせないように密閉し乾燥と酸化を防ぐ事です。

そしてなるべく小分けにして保存する事、素早く凍らせてピザの組織破壊を最小限にする事が、宅配ピザを冷凍する際に重要なポイントです。

 

スポンサーリンク

宅配ピザを冷凍した後の解凍方法とは?

冷凍した宅配ピザの解凍方法って実は色々な方法があります。

今回ご紹介するのは、

・電子レンジ

・フライパン

・オーブントースター

を使った解凍方法です。

では一番美味しく食べられるのはどんな解凍方法でしょうか?

 

電子レンジで冷凍したピザ解凍

まずは食品を温めるときの必須アイテム、電子レンジを使った解凍方法です。

冷凍のピザをお皿に置いて、ラップをふんわりとかけ600Wで1分間加熱します。

とてもアツアツになりチーズもしっかりと溶けていて、見た目はまるで出来立てのようです。

しかしその味は今ひとつ。。。

出来立てのピザと比べると、全体的にべちゃべちゃとした印象でとにかく生地がふにゃふにゃで食感が乏しく、チーズも水気が強くなってしまい料理としての魅力が一段下がってしまいます。

 

フライパンで冷凍したピザを解凍

次の解凍方法はフライパンを使います。

フライパンに油をひかずそのままピザを乗せてアルミホイルで軽く蓋をし、中火で5分加熱します。

ピザ生地の厚さによって焦がしてしまったり焼き加減が難しいのですが、香ばしい仕上がりになります。

表側のチーズや具材もドロドロに溶け出すことなく、食べ応えはしっかり維持されています。

 

オーブントースターで冷凍したピザを解凍

そして一番のオススメが、オーブントースターを使った解凍です。

アルミホイルをひき、その上にピザをのせて5分ほど温めます。分量は食パン1枚と同じです。

できたピザはチーズの溶け出しもなく美しい印象です。

見た目の特徴は全体がしっかりと焼け、ドライな質感になっていることで、生地がこんがりと焼き上がりサクッとした食感になります。

チーズや生地に改めて火が通ることで、旨味がギュッと凝縮したように感じます。

焼いている時もとてもいい香りがしてきますよー。

 

スポンサーリンク

まとめ

とても美味しい宅配ピザ。

食べきれなくても冷凍保存しておけばいつでも美味しいピザが食べられるなんて便利ですよね。

後々、自分の好きなタイミングで残りの一枚を食べるといった楽しみ方もありますよ。

冷凍保存を上手に活用して宅配ピザを思いっきり味わって下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました