オイルヒーターが乾燥しないは嘘?そういわれる理由と対策方法は?

寒くなってきて暖房器具を使う季節になってきました。

部屋は暖かくしたいけれどあまりにも乾燥がひどいと喉が痛くなったり、肌がカサついて痒くなったり、風邪をひきやすくなってしまうのでできれば乾燥するのは避けたいですよね。

乾燥しない暖房器具と聞いて思い浮かぶのが、オイルヒーターだと思います。

今回は、オイルヒーターが乾燥しないと言われているけれど本当なのか、乾燥しないと言われている理由、さらに乾燥対策なども紹介していきます。

 

スポンサーリンク

オイルヒーターが乾燥しないというのは嘘?

夜眠るときなどにエアコンをつけっぱなしにすると、乾燥がひどくてぐっすり眠れなかったりしませんか?

喉は乾くし、鼻もカピカピになってしまうし、風邪も心配ですよね。

そんな時にネットや人づてで「オイルヒーターは部屋の空気が乾燥しない」という話を知る人も多いと思います。

中のオイルを温めることで、じんわりと空気を暖めているので「乾燥しない」と思われがちのオイルヒーター。

残念ですがそれは少し間違った情報で、オイルヒーターでも少し乾燥してしまいます。。。

 

実際に毎年冬に使っている私は、「ゆっくりゆっくりと室温を上げていくので、部屋の中の湿度の変化に気がつきにくい」と感じます。

ただ肌を見てみると、「やはり保湿が必要だなぁ」と感じています。

しかも年々(;・∀・)

普通に生活していても「乾燥している実感があまりない」という性質もあるのかもしれません。

 

またオイルヒーターは動作の原理上でも乾燥をできる限り抑えてくれるので、乾燥しないと勘違いしてしまう事もあると思います。

オイルヒーターで部屋が暖かくなる仕組みは、熱による空気の対流です。

放熱板というところから出る輻射熱によって周りを暖めているので、ヒーターのように温風が出る仕組みとは異なります。

オイルヒーターはヒーターのように温風が出ないので「空気中の水分が奪われにくい」というのを「空気が乾燥しない」となっているのかもしれませんね。

ここから「オイルヒーターは乾燥しない」という情報が広まってしまったのではないでしょうか。

 

オイルヒーターが乾燥しないと言われる理由とは?

そもそもなぜオイルヒーターが乾燥しないと言われているのか、その理由は何でしょうか。

それは「温風が出ないから」というのが大きいでしょう!

オイルヒーター内部のオイルを温めることでじんわりと部屋を暖かくしているので、直接的に温風が出ていない為、「乾燥していていない」と勘違いしている方が多いようです。

確かにドライヤーのようなイメージで「温風=乾く」と思いますよね。

 

例えばエアコンの風が当たる場所に洗濯物を干しておくと、すぐに乾いてしまいます。

温風が当たることで水分が蒸発して濡れている物でもすぐに乾燥するからです。

 

輪切りのレモンを使った面白い実験結果もあります。

片方にはエアコンなどの温風を当て続け、もう片方にはオイルヒーターを運転させて近くに置きます。

そうするとエアコンの温風を当て続けたレモンは茶色く変色するほど非常に乾燥してしまうのですが、オイルヒーターの方はレモンは暖かくなるものの、みずみずしいままの状態が持続します。

このような理由から「温風が出ないのでオイルヒーターは乾燥しない」と言われているのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

オイルヒーターの乾燥対策とは?

エアコンと比べて乾燥は少ないものの、オイルヒーターでも乾燥はしてしまいます。

手軽にできる乾燥対策は、部屋に洗濯物を干すことです。

洗濯物の水分で湿度が上がり乾燥を予防することができます。

洗濯物がない時にはバスタオルを濡らしてから、軽く絞って部屋の中にかけておいても同じ効果があります。

 

また、お風呂場を開けっ放しにしておくことで浴室の湿気を使って湿度を上げる方法や、コップに水を貯めて机に置いておく方法もあります。

変わった乾燥対策として部屋に観葉植物を置くという方法もあります。

植物にはもちろんお水をあげるので、その土が含んだ水分で乾燥を予防したり植物の葉っぱは蒸散といって葉っぱから水分が蒸発していきます。

この蒸散によっても乾燥対策が期待できます。

なるべく大きな観葉植物を選ぶと、鉢の中にたくさんお水を含むことができていいかもしれません。

 

ですがやはり一番の乾燥対策は加湿器を使用することです。

今では空気清浄機付きの加湿器もあるので、乾燥対策をしつつ空気を綺麗に保つことができるので、乾燥対策だけでなく風邪対策もできて一石二鳥ですね。

加湿の度合いも調節することができるので、夜寝る前にはしっかりと加湿しておくと乾燥を気にせずにぐっすりと眠れるかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

オイルヒーターは乾燥しない!というわけではなくエアコンなどと比べると乾燥しにくいというのが正しい情報でした。

これから暖房器具が必要になってくる季節ですが極力乾燥しないと嬉しいですよね。

乾燥対策をしっかりとして、暖かく湿度を保って快適な部屋で冬を過ごしてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました