オイルヒーターがパチパチ音がする。つけっぱなしで外出は火事に?

オイルヒーターは灯油もいらず、空気もクリーンで危険性の少ない、使い勝手が良い暖房器具ですよね。

独特の匂いもなく、騒音もなく、やさしい暖かさです。

でも使っていると「パチパチ」と音がして、不安になることってありませんか?

今回は、オイルヒーターからのパチパチ音の原因と安全性、オイルヒーターは火事になりやすかったり、つけっぱなしで外出しても良いのかについご紹介していきます。

スポンサーリンク

オイルヒーターがパチパチ音がする・・・

音がなく静かなのが、売りの1つであるオイルヒーターなのに、こんなパチパチ音がしてきたら、心配になるのも仕方がありませんよね。

でも、ご安心下さい。

故障ではありませんよ!

 

というのも、オイルヒーターは電源を入れて、しばらくの間、本体内部と外気の温度差により結露が発生します。

それが温まり、内部のオイルに落ちる際の音なのです。

例えてみれば、天ぷらを揚げている時の音に似ています。

ただ大概、15分程でおさまります。

添付説明書にも必ず明記されていることなので、ご心配なく。

もう一度、お手元の説明書を読み返してみても良いですね。

 

ちなみに、明らかに15分以上たっても、ずっとパチパチ音が消えない場合は、故障している可能性があります。

使用を中止して、説明書にも記載されているメーカーの連絡先に確認してみて下さいね。

 

オイルヒーターは火事にならない?

オイルヒーターは、石油やガスを使用するストーブやファンヒーターに比べると、遥かに火事の危険性が低いです。

何より火を使いませんし、安全装置も充実しているからです。

 

ただし、既にご承知かと思いますが、オイルヒーターは電気代が高いですよね。

それは、他の暖房器具に比べて、消費電力が大きいことを示しており、それゆえ本体にも大量の電気が流されています。

そのため、コンセントやコードに負担がかかりやすいのです。

すると、思わぬところで火事が起こってしまいます。

 

代表的なのは2つ。

① コンセント火災コンセントとオイルヒーターの電源プラグの間にホコリがたまることにより、火災が起こります。

(トラッキング現象)

 

② 断線による火災コードを束ねたことによる火災です。

「まさかそんなことで?」と思われるかもしれませんが、想像以上の強い電流が流れているため、ちょっとした油断が火災の原因になりかねないのです。

 

よって、対策は以下の通りです。

・こまめにコンセントから電源プラグ抜いて、掃除をする。

・電源プラグは、しっかり差し込む。

・2口コンセントと使用する場合は、1口のみの使用とする。

・たこ足配線にしない。

・延長コードを使用しない。

などです。

コンセントやコードにかかる負担を最小限にするよう気を付けて、オイルヒーターを使用して下さいね。

 

スポンサーリンク

オイルヒーターをつけっぱなしで外出しても良い?

小さなお子さんだけではなく、ペットがいれば、なおさらオイルヒーターを選ぶこと方が多いのではと思います。

そこで、「ペットは家でお留守場にして、オイルヒーターをつけっぱなしで外出しても大丈夫か?」というお話しです。

 

オイルヒーターのパイオニア的存在のデロンギは、つけっぱなしで問題ないと謳っています。

基本的に連続して運転いただいても問題ありませんが、消費電力が高い為、タイマーやエコモード等の機能をご利用いただき、効率よく節電しながらご使用いただくことをおすすめします。また、取扱説明書の、「安全上のご注意」を必ずお守りくださいますようお願い致します。

ペットにお留守番させていても、問題はなさそうですね。

ただし、火を使わないとはいえ、表面はしっかり熱くなります。(約70~90℃ほどに。)

やはり、燃えやすいもの(寝具、やカーテン、こたつ布団等)は、1メートル以内に置かないことが大切ですね。

 

また、洗濯物は落ちる危険性があるので、オイルヒーターの上や近く、まして直接かけて干すことは危険です。

すぐには、火事に発展しなくても、徐々に劣化していき、何れ火災の引き金になることもあり得ます。

くれぐれも注意が必要ですよ!

 

就寝中にオイルヒーターを使う方はこちらもどうぞ

⇒オイルヒーターをつけっぱなしで寝る?乾燥しない理由?注意点はと?

 

スポンサーリンク

まとめ

オイルヒーターのパチパチ音は、どの機種にも起こる自然なことです。

しばらくして、音が止まるようでしたら、問題ありません。

ただ、他の暖房器具に比べて、安全性が高いと言われているオイルヒーターであっても、火災の危険性はゼロではありません。

さらに今は、想像を超えた規模の天災に、いつ見舞われるか分かりません。

転倒防止用のキャスターロックが効かないようなこともあるでしょう。

燃えやすいものだけではなく、転倒を考え、周囲1メートルには物を置かないようにした方が良さそうですね。

可愛いお子さんのためにも、安全には細心の注意を払い、穏やかな暖かさをもたらしてくれるオイルヒーターで、寒い冬を乗り切って下さいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました