お年玉の相場とは?赤ちゃんと小学生中学生高校生の場合

スポンサーリンク



 

初めてお年玉を渡す立場になると、いくら渡したらいいものなのか悩んでしまう人が多いですね。

 

僕は初めて甥っ子ができた時、何も考えずにお年玉を毎年渡すようになったのですが。。

 

のちのち姪っ子が産まれ、甥っ子が増え…年を重ねるごとに年末のフトコロ状態が厳しくなってきています(笑)

 

ある程度の年齢まで習慣的に続けていく行事(!?)みたいなものですし、初めのうちに相場を知っておくことで大体の出費を予測できるようになりますよ!

 

スポンサーリンク




お年玉の相場は? 赤ちゃんの場合

0歳~3歳を赤ちゃんとすると、やはりお金の価値なんかわかりませんよね。

 

なので、お菓子やおもちゃや絵本などを渡す人もいるようです。

 

ただ、お年玉っていうくらいなので、やはりお金を渡すのがやはり王道なのかなぁと。

 

相場としては、0歳~3歳には1000円~2000円のようです。

 

保育園にあがる4歳~6歳の子には、それまでと同じ額を渡すかプラスαくらいにする人が多いようです。

 

ちなみに僕は、0歳~3歳は1000円、4歳~6歳は1500円渡していましたね♪

 

 

お年玉の相場は? 小学生の場合

少しお金の価値がわかってくるお年頃でしょうか(笑)

 

僕が小学生のころの正月は、お年玉だけが楽しみでしたね♪

 

どんなおもちゃを買おうかな~と妄想を膨らませて、すべて母親に没収されて貯金させられるという悲しい想い出…

 

小学生のお年玉の相場ですが、2000円~5000円のようです。

 

ただし6年間同じ額で通す人と、低学年と高学年で額を変える人がいるようです。

 

僕自身は、低学年3000円高学年5000円を予定していたのですが、お年玉を渡す子供が増えてきたため、、、6年間一律3000円に切り替えました㊙

 

スポンサーリンク

 

お年玉の相場は? 中学生と高校生の場合

中学生のお年玉の相場は3000円~5000円のようです。

 

小学生の頃に渡していた額との兼ね合いでいいのかなぁと思います。。

 

小学生の頃の金額+αでどうでしょう。

 

高校生のお年玉の相場は5000円~10000円のようです。

 

こちらも、中学生の頃に渡していた額+αでいいのではないでしょうか。

 

僕自身は、中学生の甥っ子に5000円を、高校生になったら7000円を渡そうかなぁと思っています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

元プロボクサーの赤井英和さんは、赤ちゃんだろうが高校生だろうが、お年玉の額は3000円と決めているとテレビで話していましたね!

 

年齢×100円が妥当だ!という人もいます!

 

他の人はどれくらいの額をお年玉として渡しているのか、正直気にはなるところですが、、、こればっかりは渡す人の”気持ち”ですしね♪

 

まわりに振り回されないように、自分のできる範囲内でいいのではないかと思います( ^ω^ )

 

 

コメント