マンションの最上階が寒い。寒さ対策は?換気口はどうしたらいい?

これから寒くなってくる季節、とくにマンションなどの最上階は寒さも厳しく感じるのではないでしょうか?

寒い部屋を暖めようとすると、暖房などの電気代も高くなってしまいます。

今回は、マンション最上階が寒くなってしまう理由、少しでも暖かくするための寒さ対策として床からの底冷えを防ぐ方法や、部屋の換気口の対策などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

マンション最上階が寒い・・・

マンションの最上階が寒い理由に、部屋の壁がどれだけ外と接しているかという問題があります。

低層階の場合は壁が1~2面ほど外と接している場合が多いですが、最上階の場合は天井の分が追加されるので外と接している面が多くなります。

また最上階で角部屋という条件の部屋だと、さらに外と接している面が増えるので外気が入りやすく部屋が冷えてしまう原因になってしまいます。

 

最近のマンションでは、外壁に断熱材などが使用されていることが多いですが、さすがに天井部分まで断熱材を使用しているところは少ないのが現実です。

マンションの最上階を選ぶ場合には立地条件や部屋の場所だけでなく、外壁などのマンションの構造などもしっかりと確認するとよいですね。

 

構造でいえば窓の数も重要になってきます。

窓が多いとどうしてもすきま風が入ってきてしまったり、窓ガラスが外気によって冷たくなってしまったりするので、外からの寒さを感じやすくなってしまいます。

 

最上階では冬場に結露にも注意が必要です。

暖房により暖められた空気が原因で、天井や窓ガラスが結露してしまうとカビが発生してしまうという問題もあり、寒い部屋を暖めようとしても結露対策をしっかりとしないと大変なことになってしまいます。

 

また、部屋の中に差し込む太陽の光も、マンションの最上階が寒いということに関係しています。

最上階は窓の角度的に直射日光は部屋の中に差し込まないことが多く、太陽の光で部屋を暖かくするには向いていません。

 

ちなみに暖房で暖める場合の部屋の適正温度ですが、結露などを考えるとこちらが参考になります

⇒冬のエアコンの暖房の適温は?夜の温度?扇風機と併用するといい?

マンション最上階の寒さ対策とは?

冬の寒さは壁や窓、床などに寒さ対策を行うことで緩和することができます。

マンションの最上階での寒さ対策をいくつかご紹介します。

まず床からの底冷えにはプレイマットやコルクマットがおすすめです。

 


ホームセンターや通信販売などでも売っている、ジョイント式のプレイマットやコルクマットを床に敷き詰めるとフローリングなどの床からの底冷えを防ぐことができます。


また子供や赤ちゃんがいる家庭などではキャラクターのイラストが描かれたかわいらしいマットや、電車や道路などのイラストが描かれているマットもあるので遊びにも使えます。

プレイマットやコルクマットを敷くことで下の階への防音対策にもなるという利点もあります。

次に窓の寒さ対策には断熱シートが効果的です。

こちらもホームセンターなどで気軽に購入することができます。

窓ガラス全体に断熱シートを貼ることで二重ガラスのようになり、寒さ対策になります。

さらにサッシ枠用の断熱テープもあるので窓ガラスの断熱シートと併用することでさらに防寒対策になります。

 

カーテンを断熱用の生地にしたり、発泡スチロールのパネルを置くだけでも効果があります。

 

少しでも暖かく生活するには、こちらも参考になります
⇒暖房なしで部屋を暖める方法。冬に暖かい服装は?寝室ではどうする?

 

マンションの換気口が寒い場合の対策は?

「マンションの喚起口からの冷気が寒いな」と思ったことはありませんか?

喚起口を閉めてしまっても大丈夫なのか、また喚起口を閉めれば寒い思いをしなくて済むのか気になりますよね。

マンションの喚起口から外へ逃げてしまっている熱は、窓ガラスから逃げていく熱の約1/4程度といわれています。

 

喚起口から出ていく熱は意外と少ないのですが、喚起口から入ってくる冷たい風のせいで体感温度が低く感じてしまうのです。

喚起口が寒い場合、夜の寝ている間だけならば閉めていても大丈夫ですが、冬の間ずっと閉めておくのはあまりよくありません。

喚起口を閉めきってしまうと湿気がたまりやすくなり、カビが発生する原因にもなってしまいます。

 

また、喚起口を閉めたままで、窓からも喚起をしていないと病気の原因となるウイルスが蔓延してしまったり、空気が汚くなってしまったりして危険です。

喚起口はシックハウス対策のために建築基準法に基づいて設置されている大切なものです。

寒い冬こそ喚起をしっかりとすることが重要ですがどうしても寒い場合は閉めても大丈夫です。

寝るときだけ閉めたら、また喚起口を開けることを忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

マンションの最上階が寒い場合の対策などについてご紹介しました。

コルクマットや断熱シートを利用して上手に寒さ対策をすると、暖房の効きも良くなり、電気代を抑えることも可能です。

喚起口は住む人の健康を考えて設置されているので、寒いからといって閉めっぱなしにするのは避けたほうがよさそうですね。

寒い冬でもマンションの最上階で暖かく過ごせるよう、いろいろな寒さ対策を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました