雪を早く溶かすには?方法は簡単??

スポンサーリンク



 

積もった雪が溶けきらないうちに、また積雪…

雪が降り続くと、敷地内に雪かきした雪の置き場所が無くなったり、家の前の道路がデコボコになったり、困ってしまいますよね。。。

でも、意外とちょっとしたことで、雪が溶けるのが早くなる場合もあります。

今回は、なるべく雪を早く溶かす方法について、あれこれ綴って行きます。

 

 

スポンサーリンク




雪を早く溶かすには?

雪や氷は、表面積を大きくしたほうが早く溶けます。

なので、固まって硬くなっている雪は、できるだけ崩すことによって早く溶けるようになりますよ~。

 

 

大胆に雪をばらまいてしまうのが一番溶けるのですが、そういう環境になくてばらまけない場合は、スコップなどを刺して隙間を多くつくることで、早く溶けるようになります。

 

 

 

 

雪が少し溶けてアスファルトが少し見えるようになってくると、アスファルト自体が太陽熱を吸収し温度が上がり、さらに溶けるのが早くなります。

ここまで来ると雪をさらに崩し、路面が穴から見えるようにすることで、溶けるスピードをより早めることが出来ますよ~♪

 

あとは、コストがかかることににりますが、融雪剤を撒くと自然溶解よりはるかに早く溶け消えます。

もしもスコップがないという場合は、他のモノでも代用できますよ~。

家にスコップが無い人は、以下の記事を参考にされてくださいね~。

⇒雪かきでスコップの代用になるものは?なくても便利な道具とは?

 

 

雪を溶かす方法は簡単??

融雪剤をまく

ホームセンターで売っています。

通常、融雪剤には塩化カルシウムが使われています。

塩化物イオンにより、周辺の植物や金属に影響が出る可能性がありますので、注意が必要です。

車の下周りや金属製の外壁など、錆びやすくなるので後日よく洗ってくださいね。

お金を安くつけるなら食塩水も考えられますが、周囲のモノに害がでますの、プロは別の薬剤を使っているそうです。

石灰(カルシウム化合物)も有効ですが、土壌が塩基性になり、植物に影響が及ぶ可能性があるので注意してくださいね。

 

 

炭の粉を撒く

黒いほうが太陽の光を集めるので、雪が溶けやすくなります。

昔は煙突の”すす”をまきましたが、最近では豆炭や練炭、炭の燃え尽きた灰を粉状にしたものを使います。

雪の多い地方では、燃やせるゴミを燃やして、燃えカスを雪に混ぜてまく人もいます。

 

 

お湯をまく

気温が冷え込まない地域だと、効率的ではありませんが一時的に部分的に効果が期待できます。

ただし、溶けはしますがガス代・水道代がかさみます。

もしお風呂の残り湯を使うなら、植物やエアコンの室外機に気をつけて撒いてください。。

夕方にまくと、気温が下がった時に凍結の原因になることがあるので、注意してくださいね。

 

道路に撒くのは、凍結で車の事故につながったり、クルマの跳ね返りで歩行者が汚れますのでやめましょう。

気温が低い地域では、お湯をまくこと自体がツルツルのアイスバーンの原因となります。。。

お湯を使うことはNGですよ!

 

お湯で雪を溶かそうとするのがダメな理由はこちら

 

 

水が流れている側溝に捨てる

僕の住む地域では、家のまわりの水の流れている水路に、雪を捨てて溶かしています。

雪が多い地域では、雪を捨てられるようになっている”融雪溝”と言う雪を捨てる場所があります。

“融雪溝”が無くても、どぶ川にみんなで雪を捨てて時間をかけて溶かす~みたいな、常識というか慣習になっているような部分がありますね。

ただ、都会でこのやり方をしていいかというと…???ですね(笑)

 

 

住宅の壁面を利用する

雪かきした際に、住宅の壁に雪をスコップで叩きつけます。

外壁を、雪で覆うような状態です。

住んでいる家の中は、生活にともなう熱があるので、壁自体にも少なからず熱を持っています。

雪を叩きつけることで、固まりが細かく崩されて熱で早く溶けるようになります。

ただし、外壁がブリキやガルバリウム鋼板の場合は、凹んだり錆びたり、リスクを考えないといけませんね。

 

 

スポンサーリンク

凍結した雪を溶かすには?

 

 

雪かき用のプラスチックでできたスコップは強度が弱いので、固まった雪や凍結した雪には歯がたちません。

先が金属になっている場合もありますが、アルミの場合が多いです。

強めに使うと、プラスチックが割れることも・・・

 

 

 

 

ですので、凍結した雪や固まった雪の場合は、丈夫な鉄製の四角いスコップを使うといいですよ!!

ただし、すぐにサビてしまいますが・・・(;^ω^)

中には、工事で使う”ツルハシ”を使う人もいるとか…

アスファルトが傷つくリスクがありますね…

 

 

 

 

車が通って固まった雪や押し固められた雪、凍ってしまっている雪に、ザクザクとスコップを刺していってください

 

 

 

 

 

気温が少し上がったり太陽が当たることによって、雪は少しずつ溶けて水に変わります。

スコップをさした部分に溶けた水分が入り込み、そのままにしているよりも早く雪が溶けるようになります。

雪にどう水分を浸透させるかがポイントになりますね。

アスファルトと雪の間に水分が入ることで、さらに溶けやすくなりますよ~。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

敷地にたくさんの雪が積もっても、余裕が無ければ積み上げていくしかありません。

雪が溶けるには、太陽の光が強くなって暖かくなるのを待つのがベストです。

どうしても早く雪を溶かしたいのであるならば、灰や土、融雪剤などを雪に混ぜたり塗ったりしてから、表面積を広げるように崩しましょう。

自然に雪が溶けるのを待つより、早く雪が溶けてくれますよ~。

 

 

関連記事はこちら

玄関まわりの凍結対策!鍵や扉の場合はどうする?

タイヤチェーンを外すタイミングは?つけたまま?寿命と走行距離は?

寝る時に寒い場合の対策とは?寝具と毛布の掛け方の順番は?

 

 

 

コメント