駐車場の雪かきのコツ!トラブルにならないために。誰が除雪?

スポンサーリンク

 

 

天気予報で大雪になると聞くと、子供たちは楽しみでしょうが、大人はいろいろな心配が募ります。

 

雪国の方には当たり前のことでも、都心などはたまの大雪に慣れないことばかり・・。

 

明日の外出はどうなるだろうか?

 

電車やバスは動くのか?

 

車で出かけられるのか?

 

ここでは、駐車場での雪かきのコツ、駐車場での雪かきでトラブルにならないために気をつけること、駐車場の雪かきは誰がやるものなのか?について説明していきます。

 

 

スポンサーリンク




駐車場の雪かきのコツとは?

まず、雪かきの前に、車に雪が積もると予想される時はあらかじめワイパーを上げておいて下さい。

 

ワイパーが凍ってしまうことがありますから、上げておくと、フロントガラスの雪かきがスムーズに行えます。

 

さて、駐車場の雪かきの順番としては、効率を考えて、最初に車の上に積もった雪を地面に降ろし、それを一緒に、地面の雪をどかして、車が出入りできるようにしていきます。

 

地面の雪をどかしてからクルマの雪を下に落とすと、効率が悪いというか、もう一度除雪が必要になっちゃいます笑

 

使う道具は、プラスチック製の雪かきスコップがおすすめです。

 

ステンレス製のスコップで雪かきすると、大事な車に傷をつけてしまう恐れがあります。

 

それから、クルマに積もった雪を落とすには、スノーブラシという雪を落とす道具があると便利です。

 

 

 

こちらがスノーブラシなのですが、先がブラシになっているものの他、スポンジになっているものもあります♪

 

柄の反対側は、凍結で固まった雪を破壊するプラスチックのスクレイパーみたいな形状になっていて便利なんですよ~!

 

 

まずは、丁寧に車に積もった雪を降ろしていきます。

 

車の窓は特に傷つきやすいので、手やブラシで払うようにしましょう。

 

それから、邪魔になっている雪を集める場所を考えます。

 

車が出し入れの邪魔にならない駐車場の後方や塀周りなどに集めることが多いです。

 

車のマフラーが雪で塞がれないように注意しましょうね~。

 

できるならば、日が当たる場所を選ぶと、雪が早く溶けてくれます。

 

 

あと、雪かきするタイミングですが、雪が止んだらすぐが一番良いです。

 

雪が止んでも気温が低いと、雪がどんどん凍って固くなってしまうからです。

 

雪が完全に降りやまなくても、雪が小降りになった頃、雪が凍らないうちに雪かきをしてしまう方が簡単です。

 

あとなるべく早く雪を溶かす方法としては、雪の積み方や日が当たる面積を工夫するのも手ですよ!⇒雪を早くとかすには?方法は簡単?

 

あとお湯や水を使うと早く雪が溶けそうですが、やめたほうがいいですね

⇒雪を溶かそうとお湯を使うと凍る?ダメと言われる理由とは?

 

 

駐車場の雪かきでトラブルにならないために

よく見かけるのは、車の上部に雪を乗せたまま走っている車です。

 

運転しているうちに雪が溶けかけてきたり、急ブレーキなどしたりした時に、フロントガラスに落ちてきて前方が見えなくなる危険があります。

 

車の前方だけでなく、必ず車に積もった雪も取り払いましょう。

 

それから、特にフロントガラスの雪が凍ってしまい、熱湯をかける人もいますが、熱膨張でガラスが割れてしまうことがあります。

 

その場合は車のエンジンをかけ、車内の暖房で少しずつ雪を溶かした方が賢明です。

 

 

あと、雪を集める場所をくれぐれも他の車の通行も考える設定しましょう。

 

白線で仕切られた、他の借主の駐車スペースには、絶対に除雪した雪を入れないでくださいね!!

 

お隣との境である白線が完全に見えるくらいに除雪しておくのがベストです。

 

おせっかいに除雪しすぎるでもなく、除雪しないわけでもない。

 

ここらへんの「こころづかい」が、お隣の駐車スペースの借主さんとトラブルをおこさないための気配りなんじゃないかなと思います。

 

自分がやられて嫌なことは、人にもしないように!っていうのが重要ですよね♪

 

 

ちなみにどこまで除雪するか?と悩んでしまうところですが、私自身は、自分の借りたスペースと車道に出るまでの間の距離を、自分の車が通れるくらいに…と考えながら除雪しています。

 

あまり車道までの距離をがっつり除雪して、「あの人は雪かきしてくれる♪」と思われて、除雪してくれるのが当たり前状態になるのもイヤですし…㊙

 

かといって、やらないと自分のクルマが通れませんし、まわりの借主からも良く思われないでしょう。。。

 

空気を読みつつ、「一応クルマが通れるほどには雪かきしたよ~」くらいに除雪しておくのが無難だと思います。

 

 

もし他の借主さんが、雪かきなどで迷惑やトラブルというか???な感じになっている場合は、自分で文句を言うよりも、駐車場の管理会社から伝えてもらう方が良いですよ~。

 

恨みを買って、クルマに傷をつけられたり嫌がらせをされたりしたら、大損ですからねぇ。

 

あと、駐車場に雪を積む場所がないからと、道路に雪を捨てたり撒くのはNGですよ~

⇒雪かきしても捨てる場所がない時は道路にまく?側溝に?

 

 

スポンサーリンク

駐車場の雪かき、誰がやる??

アパートやマンションの大家さんや駐車場の貸主は、借主側の生活や目的ができるように、設備を直したり、新しくしたり、管理をするのが義務です。。

 

ですが・・・駐車場の契約をした際の契約書には「除雪」についてのことが書かれているでしょうか?

 

雪が降る地域だと除雪をしてくれる駐車場もありますが、その分月々の駐車場代に上乗せした金額となっています。

 

特別な取り決めがなければ、雪かきをする義務は不動産管理会社や貸主側には発生しないと思いましょう。

 

つまり不動産屋さんも、大家さんも管理範囲外!

 

やはり自分でやるしかない雪かきですから、上記のようなトラブルにならないように、しっかりコツをつかんで行ってください。

 

駐車場の雪が原因でクルマが壊れても、大家さんや不動産屋さんには修理代を請求できませんよ~。

 

ちなみに、雪の中にクルマを駐車していても、車に大きなダメージを負うことはほぼ無いですよ

⇒雪の中に車を放置しても大丈夫?傷むことは?バッテリーは?

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

大事な車、屋根付き駐車場に停められれば心配ないかもしれませんが、そういう人ばかりではありません。

 

雪に備えてスノータイヤにしたら、雪かきのコツや心得もお忘れなく。

 

朝の時間はバタバタですし、クルマや駐車場の雪かきは面倒ですが、積もれば積もるほど、後回しにすればするほど大変になっていきます。

 

そして自分がされて嫌なことは、他の人も同じで嫌です。

 

ちょっとした心遣いとまごころで、雪かきのトラブルは防げますよ~。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました